転職ストーリー①最初の就職現場を見つけるまで

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

帰国子女という立場で、日本に帰ってきてから就職して、とんでもないことになったというストーリーをご紹介します。

今現在就職活動をしているヒトに、少しでも参考になれば幸いです。

***********

海外の大学から帰国したのは2003年でした。

当然のことながら、海外にいた間は就職活動ができなかったため、帰国後の就職活動になったわけですが、就職活動が本当に大変な「活動」になることを、帰国後初めて知った私でした。

そもそも海外では、「就職活動」なるものがありません。

“Shushoku Katsudo:” Japan’s Bizarre Post-College Job Hunting Ritual

↑タイトル:”Japan’s Bizarre Post-College Job Hunting Ritual
bizarre = 奇妙な
post-college = 大学(卒業)後の
job hunting = 職探し
ritual = 儀式


こんな形容詞や名詞で書かれるくらい、奇異なものに、外国の人には映っています。

海外では、みんな大学が終わるまで必死に勉強しています。

私の大学でも、初年度だけで入学者の半分は単位を取れずに脱落していく中、就職のための活動をしているヒマは、とてもありませんでした。

日本に帰ってきて、「求人広告確認→応募→書類選考に落ちる」を毎日繰り返すこと、半年。

書類選考を通過しても、そのあとの面接では必ず落ちていました。

「あれ~、海外の大学出てるんですか。じゃあ、英語はペラペラですね~」

「英語がペラペラな以外、他にどんな特技が?」

「〇〇さん、英語もしゃべれるんですから、うちみたいなところ、来なくても、もっと良いとこあるでしょう」

「〇〇さん、うちに就職しても、お茶くみとかしたくないでしょ?続かないと思いますよ」

日本人が言う「英語ペラペラ」という表現、実は苦手です。羨望のまなざし羨ましさの感情が表れているとともに、どうせ日本社会は大したことないと思ってるんだろ、という相手の感情も見え隠れしていると感じたからです。今思えば、甚だしい自意識過剰ですがw でも、当時はそう思ってしまわざるを得ないくらい、どこにも採用されなかったんです。50通?いや100通は書類を送ったような覚えがあります。

毎日どこかに応募していました。

いまだに、求人広告を見かけると、当時のことを思い出して、胸がきゅんとします。

やっと採用された会社は、まだ立ち上げたばかりのベンチャー企業。PRという、今ではお馴染みの業種ですが、その当時は、「宣伝広告代理店となにが違うの?」と言われるような業種の小さな、社長一人の企業でした。

※広告代理店 と PR会社 違いを知ってる?

広告代理店advertising agency=放送や出版される書籍、メディアといった媒体で広告をうつまでのプロセスを担う会社
PR会社public relations firm=広報を専門とする会社。広告をうつのではなく、その名のとおりpublic relations(公的な存在としての社会でのイメージ)を上げるための情報発信が主な仕事

その社長も脱サラしたばかりの社長なりたての男性で、今思えば、若かったなぁと思います。考えてみると、あの時の社長の年齢、今の私に結構近いのです。

一人社長の会社でしたから、まあ、経理、事務、翻訳、通訳、全部することになりました。

ですが、考えてみてください。新卒の女の子ができることって限られてますよね。しかも相手もヒトを使ったことがない一人社長。ハッキリ言って使い物にならなかったと思いますよ。

だからなのか、それとも会社の社長になったことがそんなにうれしかったのか、その社長はことあるごとに

「お茶、入れてもらってもいい?」

と私にお茶を入れさせてました。私も、それまで「お茶くみができる?」と面接でいつも訊かれていたため、意地になっていたのでしょう、毎日お茶を入れていました。

まるで、お茶を入れることが、帰国子女というレッテルの免罪符であるかのように。

ですが、いろいろあって、その会社、私が働き出して4か月で倒産しました。

いや、私のせいじゃないですよ。そんな、なんのスキルもない私が、貢献と呼べるような貢献をする前に、すぐつぶれてしまいました。

私が最終日に会社を出ていくとき、社長が私に言ったコトバ:

「〇〇さんは、今度はお茶くみをさせられないところに就職しなよ。あ、でも会社員がそもそも難しいかもね」

。。。

このときだけはさすがに凹みました。

自分の会社が潰れたって嘆いているヒトが、最後残すコメントはお茶くみの話かよーと。

しかも、まがいなりにもPR会社です。会社の危機管理についてコンサルする企業です。会社のメディアトレーニングを教える立場なわけです。他人のコミュニケーショントレーニングをする会社なのです。

。。。

ここから学んだ教訓は、3つです:

日本の男性が言う中身すべてを信じる必要はない、ということ。

ため口で話す男性が自分は苦手だということ。

日本人の言う、「PR」、「コミュニケーション」、「パブリック」といった横文字(カタカナ)は、英語で言ったときのニュアンスと違うということ。

こんな感想しか抱けなかったものの、これらの3つは今の今まで大切にしてきた感情です。これらの感情は、それ以後の就職活動をする上で助けになったとも感じています。

だから、皆さんも就職活動が上手くいってないとき、どんなに自分に自信がなくても、自分が大切にしている感情をないがしろにはしないでくださいね。そうしておいてよかったと、思える日が必ず来ますから。

行列ができるからって美味しいと思うのは、日本特有?

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

行列のできる〇〇店」という商品名が、以前流行りました。

「行列」は普通、アメリカ英語では “line”、イギリス英語では “queue” というコトバを使います。だから、私のいたオーストラリアでは、”queue“が一般的。「ライン」というと、何なのか、にわかに分からないときがあるので、未だに”queue“と言うときが多いです。

例)
This shop is so popular that there is always a long waiting line.(=この店はすごく人気で、いつも長い行列ができている。)

Wow! Look at this long queue! We probably have to wait for an hour to get in.(=すごい!この長い行列見て~!中に入るのに一時間待たなきゃねぇ。)

queueは「キュー」と発音します。

こんな感じです。

でも、この行列に「あえて」並ぶのは、日本人特有です。

もちろん、外国の人も必要とあらば、行列に並びます。

でも、本当に「あえて」なので、並ばなくていいオプションがあれば進んでそちらを選びます。

この「みんなが購入するために列を作るモノはきっと良いモノ」という感覚は日本人ならではなのかもしれません。

列に並んで「待つ」という行為が、効率という観点からは「時間の浪費」や「モノへの執着」と結びつくと考える合理的な考えとは少し異なっているからです。

もちろん「それだけ自分はゲットできるモノのすばらしさを分かっているんだ!」とか、「この商品を購入すると自分の利益として何倍もかえってくる」ということが分かっていると、海外の人も絶対並びます。

つまり、この「合理性」という考えを物事の尺度ととらえることが、英語スピーカーの中では案外多いのです。

「効率的などうか」、「他人に納得してもらえるような説明ができるかどうか」、「自分が損しないかどうか」

というこの合理性を追求している英語文化は英語の文章の組み立て方にも表れていると思います。

“I like this, because…”(=他の誰でもなく、「私」が「好き」、なぜかって言うと・・・)

という文章の並びからもそうですよね。まず、誰についてか、そしてどういう感情か、行動を取るか、そして、理由、という順番です。

「この携帯、すごく小さいから、好きなんだよね~」(話す対象のものが先にきて、理由・背景を説明し、それから、自分の感情を最後に話す)

ね、日本語と全然違うのです。

日本語が悪いとか、英語が悪い、とか、そういう問題ではないのです。ただ、この順番、一度頭にしっかり入ると、英語スピーカーの考え方が手に取るように分かるようになります。

皆さんも、今度長い行列に並ぶときは、必ず英語の本を持参してくださいね!

TOEIC 6/16 完璧な理解をしようと思わない

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

本日のTOEICは、文章の意味が分からなくても、正解は選べる、というお話です。

A [       ] inspection was conducted before the construction of the condominium.

(A) minute
(B) hour
(C) carefully
(D) my

正解は、下にスクロール。

答え:(A) minute

minute site inspection was conducted before the construction of the condominium.(=訳:アパート建設の前に、綿密な現場の調査が行われた。)

文章の内容から言うと、minuteしかない、というのが答えで、そのほかの選択肢も:

(B) hour(「時間」という意味なので文脈に合わない)

(C) carefully(副詞なので×)

(D) my(「私の」というのはここでは当てはまらないのでx)

という説明がテキストには書かれていると思うのです。

ですが、そもそも

文章の中の、

inspection
conducted
construction
condominium

これらの、どの単語も意味が分からなくても、「A」という不定冠詞とinspectionという名詞の間に入るものは、「minute」しかない、と分かっていれば、正しい選択肢が選べます。

(B) hour(コトバが「h、a、i、u、e、o」で始まる場合、その前の不定冠詞は「An」になる)

(C) carefully副詞なので×)

(D) my(「私の」というのは冠詞の後はx)

空欄の前には不定冠詞があり、後ろには名詞があるので、空欄には名詞を修飾する形容詞が入ることがわかります。

分からない単語があると、正しい選択肢が選べなくなる、という人がたくさんいます。

でも、試験は試験。正しい選択肢が分かればOKなのです。

日本語の文章も、1つや2つのコトバの意味が分からなくても文章の意味はある程度分かりますよね。それと同じなんです。

皆さんの知っている知識で十分TOEICは高得点を取れるのです。

G7共同声明のニュース、皆さんはどう思いましたか?

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

菅首相がG7に行って、世界のリーダーと話しています。

A)日本はまだ緊急事態なのに、海外行って、外国の人たちとガッツポーズなんかしちゃってズルい~と思いました?

B)それとも、政治家は、行きたくなくても、海外に行かされて、大変~と思いましたか?

Aか、B、日本人はどちらが多いんだろう?と思った私です。段々支持しない人が増えていることからすると、Bではなさそうです:

画像1

菅内閣「支持」37% 「不支持」は45%で内閣発足以降最も高く | NHKニュース

G7に関しては、新聞では2つの内容が大きく取り沙汰されていました。

1つ目は、「G7全体でオリンピック開催賛成」ということ。

政治家以外の外国の人は「大方反対」で、ただの建前だ、というニュースが大方の報道のされ方のようです。

そして、2つ目が、「台湾海峡」という表現でした。

G7首脳、共同宣言を採択 「台湾海峡」初の明記(写真=ロイター)

この「台湾海峡」という表現、G7が使ったこと自体、初めてらしいです。

これら、「オリンピック」と「台湾海峡」が本当に強調されたのか?

海外のニュースを見てみましょう:

こちらはスイスのニュース:

G7 chides China on rights, demands COVID origins investigation

Xinjiang(=ウイグル自治区)のこと、COVID-19の発症源(中国のどこでスタートしたのか?)のこと、Taiwan Strait(台湾海峡)こと、などなど、中国けん制、が主なテーマだったということです。

こちらはBBCのニュース:

G7 summit: Biden says America is back at the table

トランプがこれまで無視してきた温暖化対策にバイデンが取り組む、そんなアメリカが復活した、というニュースが一面に来ています。

こちらはロイターの記事:

China denounces G7 statement, urges group to stop slandering country

G7が団結して中国の悪口(=slander)をやめるよう、避難している、というニュースです。つまり、それだけ、G7の中国批判が鮮明になっているということです。

どの新聞やニュースを見るかで、感じ方や印象が変わってくるということです。

ニュースという、一見事実だけを伝えているようなものでも、選択するもので、ヒトの意見がガラッと変わってしまうということを忘れないでおきましょう。

長年経過してから深まる理解の感動レベルはスゴイ!大人になって英語を再開しても遅くないですよ。

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

運転免許を取得して30年近く運転していなかった方が、免許の更新をするタイミングで、近所の教習所に通った話を先日読みました。

その方が、実行したのは下記の3つだったそうです:

(1)毎回、路上教習の内容を事前に調べて、事前に準備できることをする
(2)受講スケジュールを立てる
(3)教官に指摘された改善点を優先順位を決めて、できることからやる

これは、まさに英語の勉強と同じでした!

(1)事前のカンタンな予習
(2)計画
(3)指摘された点の復習

といっても、どの科目も同じですが。

やはり、これら3つが最強なんです。

画像1

(https://trinity.jp/118843/から)

1日後に74%忘れる、自分の脳みそをいかにフル活用するか?

学習は、このテーマに尽きると思います。

好きな子のこと趣味を忘れないのは、ずっと想っているからなんです。

但し、この忘却曲線が唯一下に下がらないケースがあります。

それは、昔ずーーっとやっていたことを、年月を経て行ったとき。

冒頭で述べた、「以前免許を取得して、また教習所に通う」ケースです。

皆さん、英語の勉強なんて、免許取得以上に、時間を費やしているはず。だから、時間が経っても、今からでも遅くないはずなんです。

その場合、ある程度時間が経過してしまっていても、忘却曲線がすぐに上に上がりますし、下に下がる度合も低いんです:

画像2

「英語」というみんながとてつもなく時間を費やした科目だと、これを一番感じやすいはずなんです。

大人になって、英語をやり始めた皆さんは、決して遅くないのです。

みんながセーフに暮らせる日々が、あと少しでやってくる?

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

ワクチン接種率が、少しずつですが、上がってきています:

チャートで見る日本の接種状況 コロナワクチン

現在やっと1600万人がワクチン受けたということは、1億2千万人の人口の、約1割強がワクチン接種した、ということです。

そもそもですが、日本はワクチン接種状況が、世界と比べて遅れています:

世界のワクチン接種状況|NHK

ワクチン接種=vaccination

ワクチン・パスポートも遅れています:

各国で開発が進む「ワクチン・パスポート」

ワクチン・パスポート=Vaccine passportCOVID-19 passport

少し前まではPCR検査も遅れていましたが、ここにきて抗原検査キットの配布も遅れているというニュースがあります:

ワクチンだけじゃない!日本で「抗原検査キット」の活用が遅れる呆れた理由

抗原検査キット=COVID-19 self-test kit
COVID-19 self-test rapid antigen test

抗原検査キットは、自分でコロナ陽性反応をチェックできるもの。ものの15分くらいで検査結果が出ます。

インドではこんな動画も出ています:

あれほど爆発的に死者を出していたインドですが、今は経済活動も再開されています。

今回は、いろんな混乱があったからしょうがないのかもしれないけど、日本がいつもいろんなことで遅れていることは、誰かが反省しないといけないと思います。

この「反省」という概念、日本人はあまり上手ではないです。

喉元過ぎれば熱さを忘れる」というコトワザがとても当てはまる民族です。それは、日本人が島国で自然災害でいろんな被害をよく受けるから、クヨクヨしていてもしょうがないから、すぐに前を向いて生きていけるようにしてきたんだと思います。・・・というのが、この性格の説明として、よく海外では使われます。

ですが、私は、やっぱり「責任」はちゃんと負わないといけないと思うんです。少なくとも、誰のどこが悪かったのか、ちゃんとハッキリさせないと本当の意味で「前に進む」ことにはならないと思うんです。

今回の日本人の気質の改善されるべきところが、コロナで浮彫りになった気がします。皆さんはどう思われますか?

Jokerを観て感じた、現代のアメリカと今後の日本について

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

皆さんは、もう映画「Joker」、観ましたか?

すでに一年以上経過していますが、こういう社会派映画、とても考えさせられる映画は、皆さんの英語レベルをより深みのあるものとしてくれます。

この映画を観たときに抱いた感情は、かなり前にこちらの映画を観たときと同じ感情でした:

アメリカン・ビューティー』というこの映画は、典型的なアメリカの中流家庭が持っている問題を扱っていました。

でもこの問題、日本でもジワジワと周りに出てきているんではないでしょうか。中流家庭だけれども問題を抱えている家庭、ちょっと変なんじゃない?という隣のご近所さん、盗撮、ゲイ、援交・・・近年は、日本の映画でも話題になっているようなトピックばかりです。

いやーアメリカも大変だなーと思ったことを覚えていますが、『ジョーカー』を観たとき、同じような感覚になったのを覚えています。この世界が、日本の20年後にある程度フツーな概念として映画に出てくるようになる世界は、ある意味ゾッとします。

日本はアメリカの20年くらい前を行っているような気がします。特に、道徳観や価値観については。

そういった意味で、このJokerは不気味で、もの悲しいものになっているような気がします。

日本の映画にするとどういうストーリー展開になるか、という観点で映画を観てみてください。

『有吉x夏目』の結婚発表で抱いた、帰国子女的な感情とは

最近、芸能人の結婚ニュースが続いています。

先日は、Mr.有吉弘行 & Ms.夏目三久の結婚発表がありました。

みんなが祝福ムードの中、言えなかったことが一つ。

そろそろ言っても許されますかね、私の感じた違和感

帰国子女としての私が一発目に感じた違和感、それは、Ms.夏目の仕事引退理由を訊かれ、Mr.有吉が答えた一言でした。

「すれ違いつぶしとくかって」

離婚の二大要因である、①すれ違い、②価値観の違い、の①を潰しておく、ということでした。「②は避けられなくても、①は仕事を辞めておけば良いかな?って」、と笑いながら言っていたのが、印象的でした。

①すれ違いが生じる=be at cross-purposes
②価値観の違い=having different values

でも、これってさ、男性が言うセリフではないですよね?

自分が辞めるんだったら、いいですよ?でも辞めるのは、彼じゃなくて、彼女ですよね?って思ったのは私だけでしょうか?

それに、男女ともに働いたら、すれ違いが生じるのでしょうか?すれ違いって物理的な意味だけ?では、共働きしている夫婦が皆さん、すれ違っているということ?レギュラー番組を何本も持ってる、超多忙な「Mr.有吉」は辞めなくても「すれ違い」は解決するの?

という、ありとあらゆる質問が頭の中をグルグルと駆け巡ったセンテンスでした。

こんなこと、海外で発言したら総スカン食らうよ。しかも仕事辞めない人の発言として、これは危うい。。

日本中がこのコメントに賛同しているSNSを見て、

あぁ、日本の男女平等は、まだまだ薄っぺらい、いつ割れるか知れないガラスの板みたいに脆い存在なんだなぁ

と感じた一瞬でした。

皆さんは、どうお感じになられましたか。

TOEIC 6/9 ヒントは問題の文章に隠されている

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

本日のTOEIC問題は、昨日に引き続き慣用句の問題です。とはいっても、昨日よりカンタンかも?

Janet does not visit her grandparents as [           ] she used to.

(A) often enough
(B) often that
(C) often as
(D) often so

答えは、下にスクロール。

答え:(C) often as

Janet does not visit her grandparents as often as she used to.(=ジャネットは、以前ほど祖父母のもとを訪れない。)

正しい選択肢は、問題文の 括弧 のすぐ前にある”as“に気づけたかどうか。

あと、もう一つ。

<not as+副詞+as…>で「…ほど~ない」、という表現です、ってよく聞くと思います。

でもハッキリ言って、↑こんなフレーズでは絶対覚えられません。

必ず、一番簡単な文章にして、「文章丸ごと」覚えてください

例えば、

I go to the shop as often as I can.(=できる限り店に行く。)

↑この一文さえ、覚えておけば、応用が効きます。

Please send me email as soon as you can.
(=できる限り早くEメールください。)

She went home as fast as she could.
(=彼女はできる限り速く帰宅した。)

They can talk as much as they want.
(=彼らは好きなだけお喋りできる。)

どれでもいいのです。丸ごと覚えておけばGood。

少なくとも<not ~ as … as>のような形で覚えないで!

TOEIC 6/8 日本人が英語を断念するワケは。そこから、英語レベルを一つ上にあげる理由を教えましょう

本日のTOEIC問題は、慣用句の問題です:

Some people always shop at the same supermarket, while [   ] like to try out new places.
(A) the other
(B) others
(C) another
(D) the others

答えは、下にスクロール。

答え:(B) others

Some people always shop at the same supermarket, while others like to try out new places.(=いつも同じスーパーで買い物をする人もいれば、新しい場所を試すのが好きな人もいる。)

some…and others ~>=「…な人もいれば~な人もいる」

これは慣用句なので、覚えなきゃしょうがないです。

「some」と「others」が文章の中で、こんなに離れているのに慣用句なの!?と思った方。

そうなんです、慣用句でも、こんな感じで出てくることがフツーです。

だから、<some…and others ~>で覚えていると、結構危ないです。

どうしたらいい?

自分で文章を作ってみましょう。

作るのが難しい、、と思うのであれば、動詞だけ固めて同じものを使ってみてもOK。例えば”read”という動詞を入れたままで、

Some like to read science fiction, but others like to read fantasy.(=サイエンスフィクションを読むのが好きな人もいれば、ファンタジー(の本)を読むのが好きな人もいる。)

Some like to read comedies, but others like to read romance.(=コメディーを読むのが好きな人もいれば、ロマンス(本)を読むのが好きな人もいる。)

Some like to read detective stories, but others like to read biographies.(=探偵ものの本が好きな人もいれば、伝記を読むのが好きな人もいる。)

太字のところは、なにを入れてもいいです。

あえて自然な英語にするため、storiesをくっつけたり、単数・複数にしたりしましたが、ハッキリいって、それらを間違えても、絶対通じます。

これが慣れれば別の単語を入れてみればいい。

英語はこの繰り返しです。

ね?でも、これをしない人が多いんです。

例文一つ作りもしないで、テキストにある例文読んで終わるんです。

そうすると、この慣用句、絶対忘れます。

なぜかって?

読んだことの半分以上は記憶からなくなり、7割以上を一日で忘れるからです。

忘れない唯一の方法は、使うこと、なのです。