昨日のドラゴン桜から、英語力UPの秘訣、またまた教えちゃいます。第3弾

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

昨日のドラゴン桜から。

リスニングの「シャドーイング」や「歌」からリスニングを勉強する、そんなこと知ってるよ~と、多くの方が思ったと思います。

実は、今回注目してほしいフレーズは、こちら:

喋れないことを聞き取ることはできない
②「適当」と「物まね」をカギに、英語を話す人に「なりきる」こと

恥ずかしがらずに、英語を話す自分になりきること。

というのは、どうも多くの日本人にとっていつまでも大きな壁らしい。

これはなぜなのか、ずっと考えていたんですが、

私が、英語を話せるなんて・・

という気持ちと

英語を話すのはカッコいい

という気持ちが入り混じっているのかなぁと、考えてみました。

英語のテキストや、TOEICの試験、ラジオ、TVそれらで聴いたり見たりする英語は、どれも「カンペキな英語」です。でも、実際の英語って、結構みんな間違っているんですよ。

ネイティブがこんな単純な文法を知らないんだ、みたいなことがしょっちゅうあります。

中学一年のとき、私も英語の伸び悩みで悩んでいました(@カナダ)。

ある日、ネイティブの子が私になにかボソボソと話していて、去って行ったあと、私の英語の個別指導の先生が、私のところにきて、そっと

彼女が言ってた、”〇〇”っていう英語、あれ、間違い。
マネしたらダメですよ

と言いにきてくれたのです。

これは、私に大きな自信を与えました。

しばらく後に、英語の文法のテストがあり、ネイティブのクラス(20人くらいのクラス)で、私、一位だったんです。一人だけ満点でした。

いえいえ、決して自慢ではないです。

それくらい、ネイティブは英語の文法が分かってません。

若い子の日本語聞いて、その日本語はおかしいよ~って思うとき、ありません?あれと同じです。元々の国籍が外国の人が多い北米では、英語の知識がそもそも欠けているヒトが多いんです。

皆さんも自分の英語に自信をもってください。手持ちの英語で英会話はいくらでもできるんです。

英語ネイティブに言い返したいとき、なんて言えるか?を考えてみるコーナー。

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

まだ、英語を上手く話せなかったとき、

Did you understand what I said?(=私が言ったことを理解した?)
Listen to what I have to tell you now.(=私がこれから話すことを聞いて)

と、英語を話すネイティブの人から、よく聞かれていました。

最初のうちは、

Yes yes.

と答えていたものの、だんだんカチンとくるようになりました。

そもそも、理解できた?なんて、おこがましいと最近は思います。

親が小さな子供に話すように、上から目線で相手に話すのは失礼だ、とも思います。

大体、海外から来ている観光客に、日本語で上記のように話しますか?

話さないですよね?

私の説明はクリアでしたか?
私の言ったことで、なにかご不明点はありますか?

って普通聞きませんか?

こういう無神経な英語スピーカーが、私は嫌いでした。

そのうち、英語が話せるになるにつれて、少し私も言い返すようになりました。

え?なんて言い返したのかって?

I am all ears to you. Don’t worry.(=私は、全身耳にして、あなたの言うことを聞いてますよ。心配なさらずに。)

そして本人が去った後は、友達に

I actually turn a deaf ear to what he/she tells me.(=彼・彼女が言うことには、実は聞かないことにしてるの。)

と言ってみるんです。

まあ、結構挑戦的なコトバですが、こういうピリリと辛いジョークを言い始めたころ、私の英語は飛躍的に上達し始めました。

やっぱり、ケンカするか、恋人できたときが、本当の英語になるんです。

それと、本当に言いたいことがあるときですね。

皆さんもそんなシチュエーションに迫られてもいいように、カウンターパンチを考えておいてください。ピリリと辛い、ネイティブも笑うような英語が上手くなりますよん。

少子化がまた進む!

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

昨日発表された政府の数字では、昨年コロナのせいで出生率が下がったことが分かりました:

20年出生率1.34、5年連続低下 13年ぶり低水準

英語でも見てみましょうか:

Number of births in Japan falls to record low in 2020

確かに昨年は出生率が下がりました。

これは昨年だけのニュースではありません。コロナのせいといってますが、この30年ずっと下がり続けています:

画像1

婚姻率もしかりです:

画像2

人口全体が加速度的に減少する見込みです。これは、政府自体が発表したものです:

画像3

経済成長率と人口成長率は98%相関があるという経済学者もいます。

そんなときに、こんな悠長なことを言っている時間はあるのでしょうか:

男性の「産休制度」新設 育児・介護休業法改正案

なにをしても人口減少という事実がひっくりかえることのない日本。その中であなたは「経済成長」というコトバをどう考えますか?

日本語の、年下や年上に使う言葉遣いで、あなたの知的レベルが判明する!英語では・・・

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

帰国子女の私が、日本語を嫌いな理由を一つ挙げたいと思います。

いや、日本語ではなく、日本文化ですかね。

それは話し相手によって、同じ文章の中の単語や語尾、言い方を変えられるところ。

これは本来美しい日本語ならではの特徴ですが、如何せん、これがマイナスに作用するような文章を作るヒトが、あまりにも多いです。

幼い子供や、年配の方にため口で話すクセがあります。

今朝も、とある中学校の門の入り口で、守衛さんみたいな男性が、学校に入ってくる生徒さんたちに、

おはよう~ 今日も頑張っていこうね~

と呼びかけていました。

「おはようございます。本日も気合を入れていきましょう~」

ではダメなんでしょうか。

認知症の進んだ年配の女性に、介護士の方が、

今日は暑いね~。朝食べる前に、トイレ済ませようか~

と話している。

「暑いですね。トイレを先に済ませておきましょうか」

ではダメなんでしょうか。

ため口は、

自分より「下」の地位にあるヒトにしか使わないコトバ

だと思っています。

もちろん、いつも一緒に話す親友や、「あえて」ため口で話す関係を、否定しているわけではありません。私もそういう親友がいます。

でも、そこまで親しくない人、特定のコミュニティに属することで知り合ったヒトに話すため口は、やはりその話しているヒトのレベルを明らかにしていると思っています。

少なくとも、相手と自分との関係に関してどう思っているかということを明白にしていると感じています。

そもそも、英語では

Good morning. = おはようございます、おはよう、おはよ、おはようさん、おはー

すべてを、このフレーズが包含しています。

だから、私がかえって違和感を感じているのかもしれません。

英語では、この一つしかないので、相手を本当に見下している場合(もしくは、相手にそう伝わるようなコミュニケーションをする場合)、別の文章を作成したり、別の単語を使ったりする必要があるのです。

日本語は、ちょっと語尾を変えるだけで赤ちゃん言葉、老人コトバ、目上の人への言葉、すべてが対応できます。ボキャ貧な日本人が多い理由もそこではないかな、と思います。

変な敬語を使う日本人が多いと言われるのも、元をたどれば、ボキャブラリがあまりにも貧弱な人が多いからなのでは?とりあえず尊敬語をたくさん文章に突っ込んでおけばいいやーと思う人が多いからなのでは?

今日は、日本語の特殊な特徴(本当は美しく便利な特徴)のせいで、態度が美しくない日本人ボキャ貧な日本人が増えている、というお話でした。

ま、こういうふうに難しく考える人もいる、と理解した上で、コトバを発するようにしてみてください。

腹筋が割れるほど筋トレしてますか?割れなくてもやっぱり継続は力なり。

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

鳥の脚を見ていると、いつも羨ましいなぁ~と思ってしまいます。

とても筋肉隆々(りゅうりゅう)だからです。

私の翼のように垂れている二の腕や二の脚(?)を見て、家族がいつも失笑しています。

どんなに健康でも、年齢と運動不足には勝てませんね。

ちなみに

腹筋が割れている=have abs

と言います。

あれ?absって聞き慣れないコトバですか?

abs abdominal muscles = 腹筋

を指します。

マッスル(=筋肉)はmusclesというスペルですが、”cl“は発音しないでくださいね!

musclesの語源は、実はラテン語の”musculus“。これはネズミという意味なんです。皮膚の中で筋肉が収縮する感じがネズミがワァーと蠢くように見えたからなんだそう!面白いですね。

誰かお友達がインコやオウムを飼っていたら、今度脚を見せてもらってください。鳥肌みたいな肉の下に、まさにネズミのように動いている筋肉(正確に言うと、筋肉の筋ですね)を見ることができます。

ヒトが、そこまで筋肉ができるまでには、かなりの運動が必要ですけどね。

親戚に、筋肉バカか!と思うくらい、いつもストイックにジムに通っているヒトがいます。彼曰く、筋肉が大きくなっていくのを見るのが好きなんだそうです(変態ですが・・)。

でも、やっぱりそんな「好き」が高じて筋肉は出来上がっていく。

英語も同じ!「好き」だと学びも継続するので、英語力は勝手についていきます。

何事も、継続は力なりなんですね。

じっと顔を見る人とは、目を合わせたくない日本人の心理とは?

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

外国人が苦手とする、日本人の5大特徴の一つに必ずといって上がるのが、「アイコンタクトを取らない」ことだそうです。

外国人は日本人の「こんな言動」に困惑している

日本では、よく、

じっと目を合わせるのは難しいから、目と目の間を見るといい

とか

鼻を見れば、目を合わせなくても話を聞いていると思ってもらえる

と言われるのですが、

そもそもなぜ目を合わせたらいかんの?

と思ってしまいます。

LinkedInは、タレントソリューションズという人材発掘をメインに行っている会社ですが、そこがビジネスにおけるアイコンタクトが海外と日本では、決定的に違うことを上手く説明しています:

How to Make Eye Contact with Japanese

一口に「目を合わせる」と言っても、ここではいろんな表現が使われています:

(direct) eye contact = (直接的な)アイコンタクト
Very few of the Japanese people will look you in the eye =目を見て話す日本人はごく少数である
stare another person in the eye = ヒトをじっと見つめること
look into someone’s eyes for prolonged periods of time =一定時間誰かに視線を向ける

どれもよく使われる表現です。

こういうビジネスの違いでも使われる表現ですし、恋愛トークでもよく使われるのは、皆さんもお馴染みだと思います。

人と目を合わせるのが苦手という皆さん、まずは日本語でも慣れてみましょう。

上の記事にあるような、ビジネスの違いは、だんだん薄れてきてますので、最近は、相手の目をじっと見つめても、そんなに嫌がられることは減ってきました。

もう、てるてる坊主を作る季節がやってきてます。あなたの英語力にも、てるてる坊主、作っておきませんか?

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

気象予報士が、「もう実質上、東京も梅雨入りです」って言ってます。

てるてる坊主、英語でなんて説明しますか?

こんなのは、いかがでしょう?

Teru teru bozu is a handmade doll made of white paper or cloth. Japanese children may make teru teru bozu on rainy days to pray for fine weather prior to an important event they look forward to enjoying. It is normally hung outside their window by a string.

(=てるてる坊主は、白い紙や布で作られたハンドメイドの人形です。日本の子どもたちは、雨の日にてるてる坊主を作って、楽しみにしているイベントの前日、良い天気を願って作ります。通常は糸で窓の外に吊るします。)

「願いを込めて、自分以外の力に頼る」という行為に関連したものが、日本には多いような気がします。

神社のお守りを買ったり、てるてる坊主を作ったり、願掛けをしたり。お願い事をする(=to make a wish)とき、そういうものをイベントにしてみんなで行うという行事が多いのは、アジアならでは。

もちろん、欧米社会にもありますが、魔除けのブレスレットをつけたり、魔法を使ったり、悪魔を払いよけるみたいな意味合いも半分くらいあるような気がします。

それは、やはり、そういうものは他力本願だから、本質的には自分のガッツで頑張って道を切り開かねば!という西洋人ならではの気質も関係しているような気がします。

でも、考えてみると、そういうのって、手間暇がかかるものも多い。考えてみてください。てるてる坊主を作るのもめんどくさいじゃないですかー。

↑ これが、合理的な西洋人の考え方。

だから、試験を受ける前日は、決して、お守りを買ってお祈りするんではなく、今まで勉強した教科書を軽く復習するようにしてくださいねw

それが、本当の、てるてる坊主を吊るす行為なのです。

Rollbahnといえば、ノート。ノートと言えば・・

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

Rollbahn(=ロールバン)といえば、もう日本人の皆さんにはお馴染みのノートです。

ノートと言えば、日本のジャポニカ学習帳ですが、Rollbahnも結構有名です。

外国人が観光で日本にやってくるとき、かなりのお目当ての一つが文具なんです。そう、海外にはホントにシャレた文具ないですからね。

Rollbahnは、ドイツ語で、滑走路という意味です。

Rollbahn(独)= runway(英)=滑走路(日)

ま、日本語では「滑走路」と言ってますが、ランウェイと日本語でいえば、ファッションショーで、モデルが客席に向かって歩くあの道も「ランウェイ」ですよね。つまり、枝分かれしていない道=走るだけの道、という意味合いで、runwayというコトバが使われます。

走り幅跳びの選手が助走するために走るところもrunway

飛行機が飛び立つときの滑走路もrunway

客席に向かって颯爽とモデルが歩いて飛び出していく道もrunway

そんな感じで、「ただの一本道」っていうよりも、「気合で、ジャンプしたり、飛び立ったり、スポットライトを浴びにいく道」って考えると、このrunwayというコトバも感慨深いと思いませんか。

そんな道がたくさんあるノートという意味で、Rollbahnという名がつけられているノート。

実は、これ、日本の会社がつけた名前なんです。

日本の会社も、イケてるネーミングを考えついたな!と一人で感動した先日でした。

TOEIC 5/28 同じhardというコトバも・・

こんにちは。

本日の問題は、同じ形容詞をどういう形にして、文章に入れるか?という問題です。まあ、トライしてみてください。

Joshua tried [            ] to make himself look like a real actor.
(A) hardening
(B) hard
(C) hardly
(D) hardy

正解は下へスクロール。

答え:(B) hard

「一生懸命に」という意味の副詞を選ぶ必要があるため、(B) hardが正解。

Joshua tried hard to make himself look like a real actor.
訳:ジョシュアは、本物の俳優に見えるように一生懸命行った。

●その他の選択肢●
(A) hardening(「硬化」という意味で、文脈に合わないので×)
(C) hardly(「ほとんど~ない」という意味で、文脈に合わないので×)
(D) hardy(こういう英語はないです!)

hard“というコトバは、普通は「硬い」という意味で、日本の教科書に使われていることが、なぜか多いです。

ですが、実際の生きた英語では、この”hard“、「難しい」「一生懸命に」という意味合いで使うことが多いんですよ。

どちらのほうが、よく実際に使われるかはさておき、単語一つを覚えたときに、

①一つの単語から、複数の意味を確認しよう
②各意味の単語から、文章を作っておこう
③一つの単語の、名詞、動詞、形容詞、副詞、すべて一緒に覚えよう

といつも言っていますね。

“hard”というコトバの難しいところは、違う意味が複数あり、形容詞にも副詞にもなれるところです。

例えば、形容詞。詳細はコチラ:

「Hard」の5つの意味を覚えよう!

①硬い
②熱心な
③厳しい
④お酒が強い
⑤難しい →最後にきていますが、実際はこれ、結構使いますよ!

副詞も同じ:

副詞のきほん|hard の使い方

こんな感じで文章作ってみてください。一つ一つは短いから分かりやすいと思います。面倒と思っても、急がば回れです。

もうちょっとレベルが上がれば、少し難しい例文もトライしてみましょう:

Samantha tried hard to prove herself capable of managing the project by herself.

訳:サマンサは、プロジェクトを一人で仕切れることを証明しようと一生懸命努力しました。

「しかたがない」という感情は日本人特有?

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

五輪やるのも、自粛期間が長引くのも、「仕方がない」で割り切ろうとする日本人のこと、皮肉られています:

五輪も自粛も「仕方がない」で受け入れる、ガマン大国・ニッポンの末路

↑5月19日、IOCのコーツ副会長が、日本人をヨイショした、このコメント:

「歴史の中で逆境を克服し、忍耐力を発揮してきた日本の人たちのおかげで、この難しい環境下でもオリンピックが開催できるということを決して忘れてはならない」

原文で、読んでみましょう:

Letter from the Chair of the IOC Coordination Commission for the Olympic Games Tokyo 2020, John Coates

(抜粋)
In all of this, … we should never forget … the Japanese people, who have demonstrated their perseverance throughout their history. It is only because of this ability of the Japanese people to overcome adversity that these Olympic Games, under these very difficult circumstances, are possible.

(=この全てにおいて、私たちが決して忘れてはならない・・・グループがある。歴史の中で粘り強さを示してきた日本人。このような厳しい状況の中で、今回のオリンピックが可能となったのは、日本人が逆境を乗り越える力を持っているからにほかなりません。)

ヨイショするなら、もっとヨイショせろや!とも思いますが。

この、日本人の常態となってきた、「しかたがない」感情。

しかたがない = It can’t be helped

実は、この”shikata ga nai“、アメリカ人に知られた単語です。

特に、アメリカに住む日本人が、第二次世界大戦中に、収容所に入れられた際に抱いた感情として、広くアメリカ人に知られました:

Psychological effects of camp

↑日本人独特の感情として、説明されています:

Many incarcerees attempted to make the best of their situation by responding with the Japanese stance “Shikata ga nai” (It can’t be helped) and drawing upon the Japanese value of “gaman,” the internalization of and suppression of emotion.

(=収容されていた多くの人は「仕方がない」という日本人のスタンスで反応して、自分たちの状況を最大限に利用しようとした。これは、感情の内面化と抑圧ともいえる、日本人の価値観「我慢」がベースになっている。)

ここで言っておきたいのは、声を上げて主張することが正当な権利と思われているアメリカでは、この感情が決して手放しで称賛されているわけではなかったという点です。

本当は「人間として」「当然の権利として」主張できるところを、「あえて主張しない」「主張する権利を放棄」「自分の感情を説明する能力がない」無力な人、として、見下された感情でもあるのです。

もちろん、本当にどうにもならないことの前で、感情をコントロールできる素晴らしい精神、という意味合いで称賛されることもあります。東日本大震災で多くの犠牲者を出したときの日本人の反応で、この「仕方がない」の感情をポジティブに説明されたジャーナリストもいました。

ですが、この「仕方がない」という日本人の感情に対する、外国人の反応には、2通りある、ということを、覚えておくべきです。

それを前提として、コーツ副会長のコメントを読むと、また違った読み方ができるのではないでしょうか。