英語も会計も上手く操りたいと思っておられる皆さん!

「英語」✖「会計」の世界へ、ようこそ!

英語が話せない・・・と、悩んでいる人が、こんなにも多い。

いまだに

こんなに、みんな必死で学校で英語を学んでいるのに・・

この学校を開くことになったキッカケ:

海外で会計士としての勉強をして帰国後、

日本で長年会計の仕事に携わってきました。

会社の経理プロセスを改善したり、

財務の分析をお手伝いさせていただくプロセスの中で、

会計と英語を教えたりする機会がよくございます。

日本では、「会計」と「英語」の両方に、

相当な苦手意識をもっている方が非常に多い。

「どちらかは上手なんだけど、もう一つは・・・」

という相談をよく受けます。

それら2つを一緒に教えていたら、それが本業になってしまい、今に至ります。

もちろん、英語だけも教えていますし、会計だけも教えています。

でも、せっかく「英語」を勉強するなら、それに+αで会計の知識もゲットしませんか。

もしくは会計の資格を取得しようと頑張っておられる皆さん、せっかく「会計」を勉強するなら、一緒に英語の資格も取得しませんか

「スグリンガル」名前の由来:

「バイリンガル」「トリリンガル」という言葉からもお馴染みのように、「リンガル」は言語を話せる人に使う単語

語源は、ラテン語の”lingua“(リンガ)= tongue(舌)。つまり、シチュエーションやトピックによって、舌を巧みに操れる、適切なコトバを話せることを指す。

その舌を上手く使って、英語を話せている!と感じている人は、どれくらいいるのか?

英語の必要性と言われながら、なかなか英語が上手くならない・・・と、もどかしく感じている人が、あまりにも多い。

でも、まわりの英語を母国語としない人には、英語の発音は上手くないのに、ペラペラなわけではないのに、なんとなく英語を話して意思疎通ができている外国の人を見かけませんか。

途中で挫折する人がたくさんおられます。こんな風に「たのしく」話したい!と思っていても、現実はそうはいかない・・

本当に「会話」をしたい、英語を話す人と意思疎通を図りたい、という方を「最後まで」全力投球で応援したい!

そんな願いを込めて、スグリンガルのサイトが作成されました。

英語が伸び悩む皆さん、

英語は嫌いだけど英語を話さないといけない皆さん、

英語の面接で今すぐ転職しない皆さん、

とにかく英語で悩んでいる皆さん、

是非一度ご連絡ください。

最初のレッスンは、完全無料

まず、あなたの目標悩み理想、を伺い、

完全オーダーメイドで体験セッションを提供します。

決めるのは、その後。

勧誘も全く行いません。

★★★★★★★★

最近の投稿