裸を見てルネサンス!と叫びたくなったら、それは英語の文化に足を一歩踏み入れた証拠。

裸を見るとやたら卑猥なものを想像してしまう、というあなた。

そんなこと言っていたら、英語を話す人たちの気持ちは理解できないよ。

というのも:

Renaissance = ルネサンス=よく「文芸復興」と訳されるが、14~16世紀に、全ヨーロッパで広がった芸術・学術の革命、を指す。

とよく言われるが、とどのつまり、Renaissanceとは、これまでの価値観を見直そう!となり、過去にあった、偉大なギリシャやローマの文明にあった文化をもう一度見直そう!ということになった。

以前のギリシャとかローマの文明って、日本人が「明治維新が大好き!」よりも、西洋人はもっとずっと好き。

ギリシャとかローマの文明では、色々着飾るより、人間は裸が一番美しい!という文化だった。

その後の、中世時代では、キリスト教の価値観が花咲いたため、裸体を描くことを禁止していたキリスト教に抵抗する動きで、ルネサンス文明が花開いたのである。

こんなにキリスト教という宗教が密接につながった文化で、キリスト教から離れよう離れようとする動きが花開いた、ということ。

日本は仏教や神道の国かもしれないけど、これらを全否定するような歴史は、これまであった?そう考えると、いかに「宗教」が英語圏で大きな地位を占めているか、分かる。

そういう視点から、英語を見てみると、意外に難しく見える単語がすっと頭に入ってくるよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中