自分探しは、外国の人もやってる?それとも、日本人の間で流行っているだけ?

自分探しが流行った昨今。

自分探しは、英語で、色々表現できる。

self-searchingsoul-searching
self = 自己、soul = 魂

finding oneself = 自分を見つけること(動名詞)

これは外国人でもするの?と思っている、あなた。

だいぶ、ネットサーチしてみたけど、「自分探し」ほどアバウトなコトバは、さすがに英語にはない。

上記の”finding oneself“も、特定の状況、特定のタイプの人間、という限定版のものが多い。

また、「自分探し」という行為そのものより、「自分探し」をすることで達成されるべきことにフォーカスが当たっているような気がする。

例えば、こんな感じ:

The best way to find yourself is to lose yourself in the service of others.(=自分を見つけるベストな方法は、他人へのサービスに自分を没頭させること。)

Don’t spend all of your time trying to FIND yourself. Spend your time CREATING yourself into a person that you’ll be proud of.(=自分を見つけようと時間を全部使ってしまわないで。自分が誇りを持てる人に慣れる自分になるよう時間を使って。)

Finding yourself means being more aware of the person who you are, and accepting of your feelings, thoughts, personality, goals, and dreams.(=自分を見つけるとは、自分が何者かに気づくこと、そして、自分の感情や考え、性格、ゴール、夢といったものを受容すること。)

彼氏に、自分の悩みを打ち明ける女性が、解決策を提示されて、「そんな解決案をききたくて、相談してるわけじゃないのに!」って怒るドラマのシーンをよく見るが、私はこのシーンを見ると、この男性は、外国人みたいだな、とよく思う。

いずれにせよ、「自分探し」=”finding oneself”だけど、それを受け取った人間が、同じニュアンスで受け取るとは限らないからね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中