日本人は空気を読むのがお上手?

忖度する日本人が増えた。

この「忖度」、英訳が実に難しい。調べると、

忖度=surmise, read between the lines

となっていた。でも、

surmise = 推測する、推察する

という意味なので、別に「忖度する」という意味がしっくりくるわけではない。

read between the lines = 行間を読む

こちらのほうがしっくりくるかも?ただし、このフレーズ、相手の気持ちを慮って、相手の気持ちを推し量って考慮して・・・という意味ではなくて、本当の意味で「相手の真意を突き止める」「相手の本当に言いたいことを考える」の意味。

そういう意味で、英語圏の人は、気持ちをストレートに表現できて、単純でいいなぁ。

日本では、良かれと思って言ったのに、これは本当は言ってはいけなかった!というのが、ものすごく多い。

相手の、言うこと、すること、にいちいち批判をしている、そこのあなた、それじゃあ、英語は上手くなれないですよ。

空気を読む日本」と「個性を尊重する欧米」がよく対比される。

空気を読みすぎると、結局疲れるし、最後の最後は、意思の疎通が図れないと思う。

だって、人間はコトバを発して、字を書いて、アウトプットすることで、意思疎通が図れるのだから。

「空気を読まない力」が近年もてはやされているのもうなづける気がする。

空気を読む能力も、そこそこに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中