女らしく、男らしく、という考え方は日本人特有?

先日この記事を読んでいて、「男らしさ」「女らしさ」を強く求める日本社会は、未だに変わっていないな、と実感。

https://aria.nikkei.com/atcl/column/19/011600035/011500033/?n_cid=nbparia_mled_sp20210123

この記事では、「男らしさ」と「女らしさ」を「呪い」「圧」と表現している。

「男なんだから、しっかりしなさい」

「女の子らしく行儀よくしなさい」

と小さいころから、周りも自分もよく言われて育った。

実は、この表現、英語にはない。

もちろん、

You’re the man!“(=あなたは、男の中の男だ!)

と言ったりするが、これは、褒めたり、さすが!と煽てるときに使う。けなしたり、叱ったり、ましてや、子どもを叱るときの上等文句として使うことはない。

manly = 男らしい
womanly = 女らしい

という英語表現もあるが、どちらかというと、

manly = 男勝りの
womanly = よわよわしい、フェミニンな、女っぽい

という俗語的な意味合いで使うことが最近は多い。

女性特有の優しさや色気みたいなものを言いたいときには、

manlyの他にも、mannish(マニッシュ)
womanlyではなく、feminine(フェミニン)

がよく使われる。

それに、そんな「男らしく!」「女の子らしく!」なんて言ってたら、男女差別!だと言って、遅かれ早かれ、誰かの逆鱗の触れることになる。

誉め言葉の意味だからと思っても、言って大やけどしないように!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中