政府のコロナデータ、必見

内閣官房が、コロナ関連でAI・シミュレーションのプロジェクトを立ち上げている:COVID-19 AI・シミュレーションプロジェクト

コロナがどうやって拡大されるのか、緊急事態宣言でどれだけ感染減少が予測できるのか、シミュレーションを行っているようだ。

研究室別一覧|スマートライフ実現のためのAI等を活用したシミュレーション調査研究

こちらの三菱総合研究所のデータは、毎週初めに発表されていて、例えば、直近の資料によると、飲食店時短の期待効果とテレワーク実施拡大効果で、13.7~42.0%感染率が減少するというシミュレーションが出てるよ。

右上のJP⇔ENのアイコンをスライドさせると、英語の資料も見られるから、チェックしてみよう。

Multiagent model Simulation : Prevention of infection in the downtown area #2|Research Area4|Research Reports|COVID-19 AI and Simulation Project

例えば、こちらは、筑波大学の先生が、飲食店に人が集まる人数を制限することでどれだけの効果があるのか、シミュレーションを行っている。

結論(一番最後):

Restrictions on restaurants will be effective with a 50% reduction, but not enough to lift the declaration after one month.
(=飲食店は、人数を50%減少させることにより効果が表れるけれども、一か月後に解除させると、効果が薄れる。)

緊急事態宣言、1か月だけでいいのかな、と思ってたけど、こうやってデータで出されると信ぴょう性が増すね。

一年経過して、やっとデータがチラホラ出てきた。

こういうデータがもっと発表されてほしいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中