Responsibilityは、日本語の「責任」の他に、どんな意味が隠れているか、知ってる?

Responsibility = 責任

はみんな知ってるいる単語。

最近は、リスポンシビリティってカタカナも見かけるようになった。

でも、この言葉の語源を知ってる?

Responsibility respond(答える、応じる)+ability(能力)

という二つの単語を合わせたコトバなのだ。

先日、オリンピック会長の座を降りた森 喜朗氏について、

「あんなにこれまで頑張ってきたのに、可哀そう」

「ちょっと、厳しすぎたんじゃない?」

「彼も、よく失言はするけど、、でも、色々頑張ってきた人だし」

なんて声をたくさんネットで読んだ。

だが。

この単語、responsibilityの意味合いを考えると、これがナンセンスであることが分かる。

何かの仕事を果たす責任」だけが、Responsbilityではなくて、そこには、「その地位に見合った応じ方をすること」も、責任に入るのだ。

そう考えると、あんなコメントを公の場でしたこと、その後の謝罪会見でも、自分を批判する人がたくさんいる、と恨み節を語っていたこと、これらを見ると、彼が自分の責任、ポジションについて、正しい応じ方をしたと、思える?

10年前の地震に対する政府の対応も、正しい応じ方だったと、言える?

そういう視点から、Responsbilityというコトバの意味を今一度考えてみよう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中