信頼と信用の違いを英語で言える?

信頼と信用の違いを、英語で言える?

信用=credibility
信頼=trust

そもそも、日本語の違い、知ってる?

答え:信用はスコア化できるが、信頼はスコア化できない。

例えば、人がどれくらいの信用をもっているか、をベースにして、お金を貸してもらえたりする。

クレジットカードを作る前に、その人の信用度が高いかどうか調べるよね?だから、「信用 = credibility」があると、credit cardが作れるというワケ。

credibility credit(信用)+ ability(信用できる能力)

でも、どれくらい信頼できるか、というのは、数値化できない。

例えば、ダンナが自分のことをどれだけ信頼してくれているか、なんて、分からないよね。

暗黙の了解みたいなものが働くのが、trust = 信頼というワケ。

この「相手を信頼して自分の財産を託す」ことで出てきたのが、信託

※「信託」「信頼」も、英語ではtrustだヨ!

はい、この2つの単語の違いは、分かったね~。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中