ワクチンパスポートって?そこから、「免疫」の英単語を日常会話で使ってみよう

ワクチン・パスポートなるものが、海外では主流:

コロナワクチンの接種歴・PCR検査結果を証明する「ワクチンパスポート」…導入に賛成? 反対? アンケート結果発表!

新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたことやPCR検査の結果証明を示すもので、海外ではかなり進められています。

人の動きに安心感を与える、経済的な効果がある一方、ワクチン接種がまだの人が自由に動けない不便さも指摘され、賛成と反対が半々になっています。

英語では”vaccine passport”ではなく、”immunity passport“と呼ばれています。直訳は「免疫パスポート」です。

この和訳でもよかったのに。もっと言うと、「イミュニティー・パスポート」としてほしかった。「immunity=免疫」という単語を知らしめる、良い機会だったのに。

「免疫パスポート」って言うとちょっと語弊があるかもしれませんが、要は「自分はコロナウイルスの免疫があるよ」ということを示すパスポートということです。

イメージは、この写真のような感じ:

How to Make ‘Immunity Passports’ More Ethical

最初の文章:

Proof of vaccination against COVID-19 may soon be a requirement for airline or cruise ship passengers looking to embark on future voyages.“(=将来、渡航予定の飛行機・船の乗客は、間もなくコロナ予防接種の証明が必要になるだろう。)

今後は、この”immunity“(=免疫)というコトバが、頻繁に使われるようになるでしょう。今から覚えておいてください:

例)

immunity passport = 免疫パスポート
COVID-19 vaccines help our bodies develop immunity to the virus.(=COVID-19ワクチンで、ウイルスに対する免疫をつけられる。)
This bacteria is immune to smallpox.(=このバクテリアは天然痘への免疫がある。)
I am immune to smallpox.(=私は、天然痘の免疫がある。)

I am immune to all the verbal criticisms to the company.(=会社に対して向けられた口頭の攻撃は、私にとって無関係だ。)

一番最後の文章、「免疫」の意味から少し飛躍させているのが、分かりましたか?

免疫がある・ない、なんて、普通の会話ではあんまり聞かないですよね。

でも、こういう使われ方、日常会話でよく使います。

例えば、苦情処理の部門で、いつもクレームを言ってこられるお客様が、担当者Aさんにだけは優しい、というとき、

「Aさんは、あのクレーマーに免疫があるのよ」(=Ms. A is immune to all the complaints from the customer.)

のような使い方をします。

ね、これが辞書には載っていない、生きた英語です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中