じっと顔を見る人とは、目を合わせたくない日本人の心理とは?

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

外国人が苦手とする、日本人の5大特徴の一つに必ずといって上がるのが、「アイコンタクトを取らない」ことだそうです。

外国人は日本人の「こんな言動」に困惑している

日本では、よく、

じっと目を合わせるのは難しいから、目と目の間を見るといい

とか

鼻を見れば、目を合わせなくても話を聞いていると思ってもらえる

と言われるのですが、

そもそもなぜ目を合わせたらいかんの?

と思ってしまいます。

LinkedInは、タレントソリューションズという人材発掘をメインに行っている会社ですが、そこがビジネスにおけるアイコンタクトが海外と日本では、決定的に違うことを上手く説明しています:

How to Make Eye Contact with Japanese

一口に「目を合わせる」と言っても、ここではいろんな表現が使われています:

(direct) eye contact = (直接的な)アイコンタクト
Very few of the Japanese people will look you in the eye =目を見て話す日本人はごく少数である
stare another person in the eye = ヒトをじっと見つめること
look into someone’s eyes for prolonged periods of time =一定時間誰かに視線を向ける

どれもよく使われる表現です。

こういうビジネスの違いでも使われる表現ですし、恋愛トークでもよく使われるのは、皆さんもお馴染みだと思います。

人と目を合わせるのが苦手という皆さん、まずは日本語でも慣れてみましょう。

上の記事にあるような、ビジネスの違いは、だんだん薄れてきてますので、最近は、相手の目をじっと見つめても、そんなに嫌がられることは減ってきました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中