英語ネイティブに言い返したいとき、なんて言えるか?を考えてみるコーナー。

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

まだ、英語を上手く話せなかったとき、

Did you understand what I said?(=私が言ったことを理解した?)
Listen to what I have to tell you now.(=私がこれから話すことを聞いて)

と、英語を話すネイティブの人から、よく聞かれていました。

最初のうちは、

Yes yes.

と答えていたものの、だんだんカチンとくるようになりました。

そもそも、理解できた?なんて、おこがましいと最近は思います。

親が小さな子供に話すように、上から目線で相手に話すのは失礼だ、とも思います。

大体、海外から来ている観光客に、日本語で上記のように話しますか?

話さないですよね?

私の説明はクリアでしたか?
私の言ったことで、なにかご不明点はありますか?

って普通聞きませんか?

こういう無神経な英語スピーカーが、私は嫌いでした。

そのうち、英語が話せるになるにつれて、少し私も言い返すようになりました。

え?なんて言い返したのかって?

I am all ears to you. Don’t worry.(=私は、全身耳にして、あなたの言うことを聞いてますよ。心配なさらずに。)

そして本人が去った後は、友達に

I actually turn a deaf ear to what he/she tells me.(=彼・彼女が言うことには、実は聞かないことにしてるの。)

と言ってみるんです。

まあ、結構挑戦的なコトバですが、こういうピリリと辛いジョークを言い始めたころ、私の英語は飛躍的に上達し始めました。

やっぱり、ケンカするか、恋人できたときが、本当の英語になるんです。

それと、本当に言いたいことがあるときですね。

皆さんもそんなシチュエーションに迫られてもいいように、カウンターパンチを考えておいてください。ピリリと辛い、ネイティブも笑うような英語が上手くなりますよん。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中