海外と日本で大きく違いが出るところは銀行なのです!

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

海外には預金通帳がありません。

日本でも、ネットバンクには通帳がありませんが、管理コストが減るため、メリットも注目されている昨今。

日本の「銀行」システムを、海外の人から見た視点は、こちらからも読むことができます:

The Language of Banking in Japan

「銀行」という場所は、海外と日本の文化の違いが、もっとも凝縮されて出てくる場所です。

それはなぜか?

お金というみんなが関心あるもの、そのものを扱う場所だからです。

だから、通帳がないだけではなく、他にも「これは日本だけだな~」ということがたくさんあります。

例えば、エンドレスにハンコを書類に押さないと、そもそも口座も開設できないこと。

サイン一つで、口座開設でものの30分くらいですぐできちゃう海外と違って、海外の人は迷うところが多いです。

私も、日本に住みだした、日本語を話せない同僚に、よく頼まれました。

すみません、銀行の人とお話してください。なんて言ってるか、分かりません

ごめん、どうしても、なにを言っているのか、わからないので、電話に出てもらえますか

電話で応対すると、

いや、大したことないんですけど・・

と言って説明してもらうのですが、本当に大したことない内容であることがほとんどでした(笑)。

そんな大したことないことで、電話して不安をあおったり、ハンコを作らされたり、いやまったく、外国から来日する人も大変ねぇと思います。

先日住所変更で銀行を訪れましたが、住所変更、電話番号変更、身分証明書、〇〇書、〇〇書、・・・と永遠とハンコを押す書類が出てきて、ビックリしました。

ハンコの文化、ハンコ産業で食っている人がたくさんいるから、止めることができないんです、という説明をテレビで聞いたことがありますが、そう言われてもねぇ。

他に利益を生む産業にシフトしないと、ますます日本経済全体が停滞するのでは?と、銀行に行くたびに思ってしまうのは私だけでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中