うんうん、分かります、その気持ち。でも、あなたが家にいることで、経済にも影響があるんです

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

明日起きたら、会社に行きたくない!と思うだけで、お腹が痛いという感情、よくわかります。

私も同じでした。

というより、小学校のときからそうでした。

親が、電話越しに、先生に

「今日は子供が学校を休みます」

と言っている声を聞いた途端、コロッとお腹の痛みも治っているようなそんな子供でした。

こういう、一見マイナスに見える感情は、経済にも影響を与えてること、知ってますか?

一例をお見せしましょう:

Sazae-san Influences Stock Market?

つまり、

日曜のサザエさんが視聴率が良いと、日曜に家族で外出せずに、家にステイしていたという意味だから、次の日の株価が下がる可能性が高い

ということです。言い換えると、

サザエさんの視聴率」と「株価」に相関関係がある

ということを発見したアナリストがいます。

テレビを見る人自体が減っている昨今は、そんな関係、薄れているのかもしれません。

でも、

「家にいること」や「会社・学校に行くこと」が、経済活動とこんな感じでデータで結びついていること、面白くありませんか?

そんな視点から、自分が家にいること、ということを、少し考えてみませんか?

そうすると、会社をサボることに、必ずしも罪悪感を覚えなくて良いと思うのですが。

学校に毎日通う
会社員になって毎日通勤する

ことを、当たり前のように、フツーにしている人が大多数の日本で、ヒトと違う生活を送ることに、罪悪感を感じる日本人が多いです。

でも、海外は、みんなバラバラ、違うことをしている。

それで、良いのです。

フツーとは違うライフスタイルも、最近は日本でも少しずつ認められるようになっています。

それが、本当の意味でも「多様性を認める」ということなのかも?

フツーとは何か?を改めて考える機会を、毎日の生活に皆さんにも取り入れてほしいと思う私です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中