ZOOMで習う英会話学校の秘訣とは?そこから、英語練習に大切なことを思い起こしてみよう

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

最近は、ZOOMで英会話を教えていることが多くなりました。

海外のお子さんにZOOMで英会話を教えているのですが、

あるお子さん、まったく英語を話せないところからスタートしました。

最初は、横からパパが手伝ってくれたのですが、

朝早くからレッスンをしていたこともあり、お子さんが一人でZOOMに最近入ってきます。

(実は、これが狙いでした。)

つまり、

私はあちらの言語知識ゼロ
お子さんは英語・日本語の知識ゼロ

の状態で、レッスンをしています。

どうやってレッスンをするのかって?

案外、追いつめられると、なんとか話そうとするものですよ。

ZOOMだからこそ起きる、会話の難しさがあります。

身振り手振りも効果がないときがある、

絵を見せたくても、お互いの顔を見ているから見せにくい(共有すればいいのでしょうが、「ちょっと待って、見せるから」という一言さえも、ZOOMでは難しかったりするのです!)、

喜怒哀楽をオーバーにしないと伝わらない、

などなど。

デメリットを上げればキリがないのですが、それゆえだからでしょうか。

お子さんも必死になって、ZOOMから聞こえる私の声や、見せるスライドを、熱心に注意を払ってくれます。

毎週の会話のネタをたくさん集めてきてくれる、
毎回の宿題もきちんとやってくれる、
眠い目をこすりながら、遅れずにZOOMに入ってくれる、

フツーの英会話学校より内容がどんどん進んでます。

こちらも、時間内で終わらせられるように、しっかり準備しますしね。

そういう一見デメリットっぽいところを、あえて分かった上でZOOMを英語の勉強に使うと、かえってメリットになる、ということです。

つまり、どんな手法でも、メリット・デメリットがあるのです。

上達の近道は、やっぱり、ベストを尽くすということなのでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中