外国語を学ぶことは=単に言語を学ぶことではない、ことを、有名人の言葉から実感しよう

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

今日は、「ヨーロッパの父」とも呼ばれる、

カール大帝の名言を一つご紹介します。

カール大帝は、フランク王国の王様で、王国の領土を大きく広げた王様です。

ただ、戦争をして広げただけではなく、日ごろから隣国の言語を常に学んだそうです。

大人になってから始めたのに、

ラテン語もちゃんと話せる
ギリシャ語もちゃんと聞き取れる

くらいに上達できたそうです。

そんな頑張りが際立つ、彼の言葉がコチラ:

To Learn a Second Language is to Possess a Second Soul.” (Charlemagne)
「他の言語を身につけることは、2つ目の魂を持つことである」 -カール大帝-

私も、なにをやっても面白くないとき、なぜかフランス語が面白くて、受験勉強そっちのけで、フランス語を勉強していた高校生時代があります。

「フランス語を学んでキャリアに役に立つのか」

と悩んだこともありましたが、

人生を豊かにしてくれるという意味で、自分の中で非常に大切な部分でした。実際、今の仕事にも活かされてます。

毎日頑張って何かを学ぶ、という行為は、後ほどの人生に必ず活かされます。

というより、活かされるくらい、頑張って勉強する、

というのが、本筋ですけどね。

そういうものを、皆さんも見つけてみましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中