吾峠呼世晴さんは、海外でも今や有名人!外国人に何と言って紹介されているか、知ってる?

米TIME誌が、先週「次世代の100人」を発表。

その中に、吾峠呼世晴が入っていた!

2021 TIME100 Next: Koyoharu Gotouge

Find out why Koyoharu Gotouge is on this year’s TIME100 Nexttime.com

そのTIME誌を読んでみない?

今日は、せっかくの祝日だし!

でも・・・雑誌は難しいと思ってない?

確かに文章は長い。でも、日本のことを書いている文章なら、内容をよく知っているから、読み進めやすいよ!

ムリ!と思ったら、読めるところ、日本語を読んで、この英語、なんて言うんだろ?っていうところだけ、読んでみて ↓

For almost two decades, Spirited Away was Japan’s highest-grossing movie of all time. (=ほぼ20年間、『千と千尋の神隠し』は日本史上最高の興行収入を記録した映画だった。)
decade=10年(dec- = 10のとき使われるよ)
Spirited Away = 『千と千尋の神隠し』(Spirit = 霊)霊で持っていかれる、つまり神隠しってことだね。
gross = 利益を上げる、「gross revenue =総収益」からとられている

That changed last year, when the animated film Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba the Movie: Mugen Train logged the biggest opening weekend in Japan’s history and wound up grossing a record-setting $313 million. (=昨年は、アニメ映画 「鬼滅の刃 無限列車」 が日本の歴史上最大の週末オープニングを記録し、$3億1300万もの記録的な売上を達成。)
log = 記録する
record-setting = 記録的売上の

ーa surreal achievement that only deepened interest in the mysterious author and illustrator at the franchise’s heart.(=シリーズの心の神秘的な作者でありイラストレーターへの興味を深めた謎の作者でもあるイラストレーターへの関心を深めただけの超現実的な偉業であった。)
surreal achievement = 非現実的な偉業
mysterious author = 神秘的な作者、ミステリアスな作者
franchise = フランチャイズ (シリーズと同じ意味だよ)

Writing under the pen name Koyoharu Gotouge, the author published the first chapter of the serialized Demon Slayer in 2016. (=作者は吾峠呼世晴のペンネームで、シリーズ化された 「鬼滅の刃」 の1章を2016年に出版。)
publish = 出版する
serialized = シリーズ化された
Demon Slayer = 鬼滅の刃

The manga follows Tanjiro, the teen protagonist who trains vigorously to fight against demons—while feeling immense empathy for these creatures who were once human. =この漫画は10代の主人公・丹次郎が主人公で、精力的に訓練して鬼と闘っているが、かつて人間であったことに深い共感を覚えてもいる。)
protagonist = 主人公
immense empathy = 深い共感
demon = 鬼、human = 人間

While Gotouge maintains anonymity in public, Kohei Ohnishi—an editor at Weekly Shonen Jump, the manga magazine that publishes Demon Slayer—says the writer’s personality shines through the series, in particular in Tanjiro’s “serious nature, honesty and strong sense of responsibility.”(=吾峠は名前を公表していないが、鬼滅の刃を発行した週刊少年ジャンプの編集者、大西恒平氏は、このシリーズを通し、主人公の「真面目さ、誠実さ、強い責任感」といった性格が、作者の個性を際立たせていると、言う。)
maintain anonymity = 匿名性を維持する、名前は非公開にしている
editor = 編集者
personality = 性格、個性 ※shine through = 光る

And with the Demon Slayer television series now streaming on Netflix and the film slated for release in North American theaters later this year, the reach of Gotouge’s work promises to go even further.(=そして、現在Netflixでストリーミングされているシリーズと、今年後半に北米で劇場公開予定の映画により、吾峠の作品はさらに広がることがほぼ確実だ。)

↑全部読めちゃった!という人は、通しで読んでみない?

すごい自信につながるよ。

<全文>

For almost two decades, Spirited Away was Japan’s highest-grossing movie of all time. That changed last year, when the animated film Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba the Movie: Mugen Train logged the biggest opening weekend in Japan’s history and wound up grossing a record-setting $313 million—a surreal achievement that only deepened interest in the mysterious author and illustrator at the franchise’s heart. Writing under the pen name Koyoharu Gotouge, the author published the first chapter of the serialized Demon Slayer in 2016. The manga follows Tanjiro, the teen protagonist who trains vigorously to fight against demons—while feeling immense empathy for these creatures who were once human. While Gotouge maintains anonymity in public, Kohei Ohnishi—an editor at Weekly Shonen Jump, the manga magazine that publishes Demon Slayer—says the writer’s personality shines through the series, in particular in Tanjiro’s “serious nature, honesty and strong sense of responsibility.” And with the Demon Slayer television series now streaming on Netflix and the film slated for release in North American theaters later this year, the reach of Gotouge’s work promises to go even further.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中