池上彰氏の考える、人に伝える秘訣、学校教育でみんなは教えてもらった?

池上彰氏によると、相手に、上手に伝える5箇条は、コチラ:

①難しい言葉をわかりやすくかみ砕く
②身近な例えに置き換える
③抽象的な概念を図式化する
④「分ける」ことは「わかる」こと
⑤バラバラの知識をつなぎ合わせる

相手にきっと伝わる「わかりやすい説明」5カ条

但し、これには大事な前提がある:

まず、自分自身が理解した」うえで、「わかりやすい説明」をする。

ということ。当たり前といえば当たり前だけど、これを学校ではなかなか教えてくれない。

なぜなら、日本の学校では、インプットがメインだから

アメリカの学校では、あくまでもアウトプットがメインだよ。

かくいう帰国子女の私も、どのクラスでも、最後は、スピーチかプレゼンテーションの課題があり、クラスの前で話すのが日課になっていた。

内容だけではなく、スピーチの仕方まで採点に加わる。

大概は、クラスみんなも採点して、先生の採点に加算される方式になっていた。

そういうことを日々学校でやっている国民と、対等にディスカッションして丁々発止やっていけるのか、日本の政治家は・・。

と、勝手に心配している私。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中