政府が実施しているモニタリング検査って知ってる?

政府が莫大なお金をつぎ込んで、モニタリング検査を始めた:

感染拡大の予兆の早期探知のためのモニタリング検査|内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

これは、正規のPCR検査ではないけど、「スポット検査」といって、検査キットをもらった人が自分の唾液を検査機関に送る、というもの。

キットをもらった本人が払うコストは、唾液を検査機関に送る送料だけ。

↑ 上のサイトは毎週更新されているよ。

現時点で、2万7千人くらいが検査を受け、11人が陽性疑いになっている。

(「疑い」なのは、ちゃんとしたPCR検査ではなくて、唾液だけだから。)

実は、この唾液も数日後にもう一度検査すると陰性になることもある。だから、「陽性疑い」になった人は、再度ちゃんと検査機関に行ってね。

実は、私も詳細は語れないが、現場を支える一人として働いている。

「〇〇〇で実施しています」というと、みんなが来て、また三密になるから、いえないんだけど、結構いたるところで実施している。

今週で3万人くらいになるのだが、今後は団体検査(学校とか病院とか)もする予定だから、一気に増える予定。

だけど、キットを配布してもやはり4~5割の人は検査機関に送らない

唾液出して、チューブに入れて、しっかり包装して、アプリをダウンロードして・・・とステップはめんどくさいのは事実。

でもね・・お金が結構かかるんですよ、これ。

それ、みんなの税金だからね、言っとくけど。

いくらかかってるか言えないけど。

そもそも世界の死亡率より、日本の死亡率がはるかに少ないんだけど、こんなの意味あるんだろーか・・

無料と思って飛びついて、やっぱりやめとこーっていうのだけは、やめてよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中