自分には才能がないと密かに悩むあなた、そんなに心配しなくて大丈夫。なぜなら・・・

長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

トーマス・エジソンは有名な発明家ですが、彼の発した有名な名言に

天才とは、1%のひらめきと99%の努力である

というものがあります。

(原文)
Genius is one percent inspiration, ninety-nine percent perspiration.
― Thomas A. Edison

実は、これ、エジソンの正確な名言ではないんです。

なぜか?

エジソンを長々とインタビューした記者が、話をまとめて「つまり、こういうことね」と、一言にした文章です。

※エジソンは、1%/99%ではなく2%/98%と言ったとも言われています。また、有名になってから、「私は1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄になると言ったのに!世の中が勝手に美談に変えて、私をただの努力家と勘違いしている!」と怒ったとも言われています。人の伝聞なんて、そんなものです。気をつけましょうw

解釈はさておき、一つ言えることは、人生を前進させるには、何らかのひらめきは必要だということでしょう。そして、そのウェイトが50%/50%ではなく、圧倒的に努力に比重がある、ということは、それだけ、血のにじむような努力をしなければ、ひらめきも生まれない、ということでしょうか。

でも、人なんてもともと五十歩百歩(=An inch in a miss is as good as a mile.=1インチの小さなミスも、大きな1マイルのミスと、同じミスという点では同じ)。

そして、小さなヒラメキ(=才能)があったとしても、それは一夜にして、シンデレラ馬車がカボチャに戻ってしまうような、ほんの一瞬の間に出てくるものなのかもしれません。

現在大河ドラマに出てくる、渋沢栄一は、500もの企業を作った「資本主義の父」と呼ばれていますが、彼の義弟、(カッコイイ岡田健史演じる)平九郎なんて、22歳に、徳川慶喜の大政奉還後の動乱の中、戦争に巻き込まれ壮絶な最期を遂げています。もし生きていたら、田辺誠一演じる、私塾まで開いた知識人、尾高惇忠の弟として、渋沢栄一より有名になったかもしれません。

結局は、明石家さんまが娘に名付けた「イマル(=生きてるだけで丸儲け)」の概念で生活しているほうが、よっぽど幸せなのかも?

だから、肩の力を抜いて、生きていこうと思えるのは、私だけ?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中