中田敦彦の「シンガポール移住して1か月が経ちました」動画、観てください

中田敦彦氏がシンガポールへ移住して一か月が経過しました。

彼の、「シンガポール移住して1か月が経ちました」の動画に、英語を話す上でとても大切な2つのキーポイントが、言われていました:

一番注目していただきたいキーワードは、この2つ:

伝えるパッション
根拠のない自信

なぜこの2つが必要なのか、9分ちょっとの動画に凝縮されていました。

そして、シンガポールを選んだ、彼の才覚が垣間見えます。

アメリカとかイギリスととかじゃなくてね。

もちろん、アメリカとかイギリスでも良いんですよ。

いいんだけど、案外、英語を母国語としていない人がたくさんいる国のほうが、英語が上手くなる理由も、国に着いたばかりの彼が、「感じたてホヤホヤの感想」で表現している言葉によく表れていると思います。

英語をペラペラに(周りから見たら、ペラペラに見える)話し方の極意が、分かります。

「是非、この意見を伝えたい!」

「私の言うことは、大切なことなんだ!」

と思いながら、喋っている人は、確かにすぐ英語が上手くなります。

海外から見ることで、日本が小さく見えた瞬間に、英語(と言わず、他言語)は上手になるのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中