『ウサギと亀』を一歩離れて見ることから分かる、必殺の勉強方法

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

言わずと知れた、『うさぎと亀』です。

ウサギは油断して昼寝をしてしまった。カメはコツコツと歩みを進めて、ウサギを追い抜いてしまった。

これの教訓は何でしょう?

寝たら(=怠けたら)ダメ

亀のように頑張ってコツコツと?

常に努力すること?

いえいえ、そんな単純な話ではありません。

その結論にすると、日本人らしき結論になってしまい、「頑張ればいいんだ!」で終わります

努力や精神論を振りかざすのは、もう止めましょう。

なぜウサギは、途中で寝たのか?

対戦相手の亀に気をとられていたからです

敵のことばかり考えていたらゴールを見失ってしまったわけです。

つまり:

周りに気を取られていると、ゴールを見失います。

でも、ここで大切なのは、亀に気をとられていなかったらウサギは勝っていた、ということです。

だから、不要なものに気を取られなければ良いのです。

気を取られない一番の対抗策はなんでしょうか?

実は、やる気も、熱意も、モチベーションも、勝てないものがあります。

それは:

習慣

です。

習慣は、どんなプラスの気持ちにも勝てないのです。

つまり:

継続に必要なことは、モチベーションより、習慣化

ということなのです。

勉強の習慣化、やってみましょー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中