もっとも手っ取り早く健康につながることで、日本人だけがやっていないことがあります。オリンピックから見つけてみましょう。

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

手っ取り早く健康につながるのに、日本人がやっていないことがあります。

それは、コレ:

What are the health benefits of affective touch?

答えは、”affective touch“=スキンシップ、です。

おっと、実は、

「スキンシップ」って、和製英語なんです。

これ、案外知らない人が多すぎる。

スキンシップの英語:
1)affectionate touching=愛情をもったタッチ
2)physical contact=身体的なコンタクト
3)personal physical contact=親密な身体的コンタクト
※#3の”personal“とは、「個人的な」という意味合いではなく、「親密な」「赤の他人にはしない」という意味合いの単語です。

ま、よく造られた和製英語だと思います。

恐らく、肌の”skin“と”friendship“のshipを合わせて作ったんでしょう。

意図は分かります。

でも、こんな巧妙な和製英語、本当にやめてもらいたいです。

そして、こんな造語を作ったことで、

「スキンシップ」=「スキンとスキンを触れ合うこと

という、ともすると、日本人があまり話したがらない概念から、イヤらしさを消し去ったわけですから。

「スキンシップ」っていうと、ただの肌と肌の触れ合いって思ってません?

でも、ただ単なる握手とか、そういうレベルのものではないんです。

でも、上記の”personal physical contact”という英語からも分かるように、日本人が、あんまり率先して話したがらないレベルのスキン・コンタクトが大切なんです。

ハグとか、イチャイチャとか、そういうレベルのものが大切なんです。

Could “Love Hormone” Help Treat Depression?

そのレベルのスキン・コンタクトは、”love hormone“(=ラブ・ホルモン)と呼ばれるオキシトシンが放出され、種々の精神疾患に効くというのです。

そんな日本人でも、唯一何度もハグする瞬間があります。

オリンピックです。

オリンピックでは、ほぼ毎日、抱き合う瞬間を見かけますが、誰も変な感情を抱かないはずです。

それが、もっと日常でできる、そんな日本社会になればいいなぁと常日頃思っている私です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中