自分のブランドを確立させ、自分のcompetitive advantageを高めることが、英語上達のカギである理由。

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

英語上達に絶対必要な:①ブランド と ②競争優位性 をご紹介します。

①Branding(=ブランド

「ブランド(brand)」の語源は、昔のケルト語で「焼印をつける」という意味の 「brandr(ブランドル)」です。

昔の人は、多くが牛を飼っていたので、自分の牛のお尻に「これは自分の牛だ」と分かるような焼印を押して、「この牛は、〇〇さんの牛だ」とすぐに分かるようにしたのです。

brandr ☛ burned(焼く)☛ brand(ブランド)と変化しました。

つまり、

パッと見ただけで、他と区別できるもの

であることが、ブランドの絶対条件になります。

②Competitive advantage

(=競争優位性)

単に「他と違うこと」「他者と区別すること」が目的なら、

「個性」

でいいのですが、なぜ「個性」ではなく「ブランド」と呼ぶかというと、

商売 お金 ビジネス 市場で生き残ること
仕事 昇進 自己の成長 
利益の確保 メリット 楽に生活すること 

有意義に感じる 幸せ 達成感

など、ヒトが幸せを感じるために必要な要素が関係するからです。

社会の中で生活する以上、狩人をして、川の水を飲んでいるだけでは、暮らしていけません。

他者にはない自分の強みを打ち出すことで、自分だけの強みを打ち出すことで、社会の中で幸せと感じながら暮らしていくことができるのです。

「個性」なら十人十色あってOKですが、「ブランド」は、上記の「商売」「市場で生き残る」といったものが関係してきます。

そのため、単に「他と違えば良い」のではなく、「他者よりも優れているなにか」「他より優位に立てるスキルや能力」が必要になります。これが、2つ目のCompetitive advantage(=競争優位性)です。

なぜ、これら2つが大切なのか?

①ブランド と ②競争優位性 という2つを意識して英語を勉強することはとても大切です。

小さいころから英語を勉強する人は、何百万、何千万といます。

キレイな発音ができる、日常会話ができる、スラスラと長文を読める、だけでは競争優位が確立できないのです。

自分が今いる生活圏内で、自分の存在を確立させるには、どういうブランドが必要か?

英語で値段が交渉できるスキルでしょうか。

外国人が面接官の英語面接を、切り抜けるスキルでしょうか。

好意を抱く外国人を口説くスキルでしょうか。

自分が必要とする「英語」の分野を改めて考えてほしいのです。

「他人」ではなく、「自分」がそのポジションをゲットするために、払う努力 ― これが、自分のブランドの確立であり、競争優位を高めることにつながるのです。

そして、これが英語力強化への第一歩なのです。

外国人は・・・

自分のブランド(=self-branding
競争優位の確立(=establishing own competitive advantage)
付加価値(=added value

というテーマが大好きです。

自分の「個性」より「他者より優れた自分のスキル」とかいったものを、マジで大事にするからです。

そこに、文化の違いが表れているといっても、過言ではありません。

こういう、競争とか、他者より優位に・・という考え方、好きではありませんか?

そういう生半可なことを言っていると、英語が上手くならないですよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中