バーチャルツアーは、現地に行くのと同じくらい実は楽しめたりして?

コロナでどこにも旅行が行けないため、バーチャルツアーなるものが流行っています:

アマゾンも参入した「バーチャルツアー」はコロナ後も流行るか? 世界の旅行各社の見立てと取り組みを整理した【外電】

このバーチャルツアー、海外でも人気です。

但し、もうちょっと本格的なものが多いですが:

See the World one Virtual Tour at a Time | Flight Centre Travel Blog

バーチャルツアー特有の単語を拾ってみましょう。

オンラインツアー特有のボキャブラリがたくさん使われています:

right at your fingertips” = あなたの指(のクリック)先には
interactive tour“=体験型のツアー
open up the world for~“=~のために世界を開けている
These uncertain times don’t have to limit you from seeing the world…virtually.“=不確かな時代ではあっても、世界を見ることを制限されてはいないのです、実質上は。
↑バーチャルなツアーというのと、「実質上」という、どちらの意味も持つ単語が生きているの、分かりますか。

こういう変化球の英語が分かるようになると、

良質な長文英語がどんどん脳みそに吸収されます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中