ちょっと待ってほしいときに、”Two minutes”って言ってみて。

粋なイギリス英語の表現に”two minutes“というものがある。

お客様に、少し待ってください、と言うとき、

Just a moment, please.

と言うのは知っていると思うけど、これの代わりに、

Two minutes.

と言われるときがある。

私も、オーストラリアに住んでいたころ、よく店の人に言われた。

「少し待って」の「少し」を

「2分」

で表現しているのだ。

アメリカ英語では、

Just a minute, please.

と当たり前のように言うのだが、イギリス人は、1分とは言わずに、2分と言う。これが洒落ているな、と感じるのだ。

ちょっとお客様に待ってもらうとき、1分待って、と言われると、どうせ1分じゃ終わらないだろ!と突っ込みたくなるときも、2分待って、と言われれば、よし、待ってやろうという気にならないだろうか。

こういった、ちょっとした違いが、イギリス英語とアメリカ英語にはあるのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中