LOVEって好きな人にだけ使うもの?そんなことはない!っていうお話。

スグリンガル英会話、代表のアスカです。

“I love you.”

一生に一度は言われたい、一言!

まだ、翻訳家かけだしのころ、「あなたを愛してる」と訳して怒られたことを思い出します。

本当の訳?

あなたが好き」です。

「アイシテル」って、日本語ではカタカナになるくらい、日常生活に出てこないんですね。「愛」なんてコトバ、おこがましいやら、こっぱずかしいやら。

ですが、実は、英語では、このLOVEをよく使うんです。

いや、もちろん、愛し合ってる男女間でも使うのですがw

実は、男女間の色恋沙汰だけではなく、普段よく使います。

つまり、日本人でも毎日使える場面がある!ということ。

どういうシチュエーションで使うと思います?

形容詞=LOVELYに変形させて使うんです。

もう、表情や身振り手振りが大きい海外の人ときたら、しょっちゅうこのLOVELYを普段使っています。☞特に、イギリス人

朝にカフェで、Breakfast(朝食)にクロワッサンを注文すると、店員が”Lovely!”

スタバでコーヒーを買って、同僚とエレベーターに乗り込んだら、同僚が私のスカートを見て、”That’s a lovely skirt!”

会社のプレゼンが終わって一息ついていたら、上司がやってきて、満面の笑みで”Your presentation was lovely.”

会社が終わって、友達とレストランでワインのテイスティングをしたら、友達が一口のんで、”Wow. This wine is lovely.”

こんな感じです。

なんなら、ひっきりなしに、lovelyと言ってる人もいます。

同じ単語を使いまわすのを極端に嫌がるイングリッシュ・スピーカー。でも、このlovelyだけは別格のようです。

あなたも、lovelyな紅茶を飲みながら、英字新聞をめくってみたら?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中