日本語のカタカナ造語から英語を連想してみよう

日本語には、ありとあらゆるカタカナの造語が出回っています。

それらから、英語を連想してみるのが、私の趣味です。

例えば:

1)ビズリーチ

これは「Business Reach」(=仕事+リーチ)からできた造語。

自分から(やりたい)仕事をつかまえていく、リーチする、という意味合いで出来たコトバ。ネーミングは上手いですね。

2)アパマンショップ

これは「Apartment Mansion Shop」からきている。

ここに来たら、住む場所、アパートもマンションも探してあげますよ、ってことですね。

でも、一つ注意。英語でmansionは「どでかい豪邸」を指します。

よくビバリーヒルズとかテレビドラマで見る、アメリカの高級住宅街。ああいうのが、mansionです。日本語の「マンション」にあたる英語は、「condominium」(=コンドミニアム)か、「apartment」でOK。ちなみに、日本語の「アパート」に当たる英語はないです。

だから、ちゃんとした英語を使うなら、「アパコンショップ」になりますね(笑)。パソコンと間違われるかもですが。

3)ユニクロ

さて、これは?

これは「UniqueClothing」からきています。

「ユニークな衣装」ということですが、どちらかといえば、ユニークなのではなく、原色の種類が豊富な何にでも合わせられる服装だから、売れている気もしますが。

ちなみに、英語の発音の話ですが、-queで終わる単語は「ク」で発音します。フランス語あたりの語源のことが多いです。

他にも、たくさんあります。opaque(=不透明な)、antique(=アンティーク)、technique(=テクニック)などです。

こんな感じで見出していくと、会社がなにを言わんとして会社を作ったのかが良くわかるよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中