就職面接で違和感を覚えた体験で、帰国子女の私が自分を変えた理由

長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

海外の大学に通っている間、日本のフツーの就職活動はできず、当然のことながら、日本に帰国して、就職活動をすることになりました。

しかも当時は就職氷河期

数十もの書類審査、面接に落ちて、精神がすさんでいく自分を、今でも覚えています。

英語は話せてほしいけど、そこまで出来てほしいというわけでもないんですよねぇ~

こんな会社じゃなくても、あなたにはもっと良い会社があると思いますよ

英語が堪能だったら、ウチよりもっと良い会社に入れるでしょう

と、何度言われたことか。

いやいや、とにかく雇ってみて、それから決めてくださいよ

と何度、心の中で叫んだことでしょう。

でも、これらのコメントから、分かったことが一つありました。

それは、

日本人はそこまで英語を話せる人を求めているわけではない

日本人は、応募者の能力を見て人を採用するわけではない

ということです。

英語がペラペラすぎると、どう扱ってよいのかわからない

英語がペラペラだと文化が違いそうで、社風に合わないんじゃないか

英語が話せたり、頭が良さそうだと、逆に自分が見下されるんじゃないか

なんて不安、結構抱えている面接官、実は多いんです。

だから、そこから、私は変わることにしました。

自分がなにをできるか、ただただアピールすることが面接では重要と思っていたのですが、それを止めました。

それを止めた途端、面接後にすぐ採用されるようになりました。

今では、採用率100%と自信を持って言えます。

自信をもって言えるようになったころ、会社勤めをやめて、自営業を始めちゃったんですけどね(笑)。

今、就職活動中で、なかなか採用されず落ち込んでいる人がこれを読む機会があったら、是非覚えておいてください:

あなたに、落ち度は全くないのです。

面接に採用する手法には、テクニックがあります。

それさえ、覚えてしまえば、なんてことない。

自分の良さを見つけられなかった面接官が悪い、と思ってしまって、まったく問題ないのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中