「時は金なり」って言うけど、、この2つは本当にイコール?

長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

時は金なり」の英訳は、”Time is moneyです。

一番、優しい英訳かもしれません。

でも、ちょっと待ってくださいませ。

「なり」っていう日本語表現がありますが、

なぜ「時は金」と言わずに、「時は金なり」と言うか、知っていますか?

実は、”Time is money“のほうが先にできた表現です。

時は金なり」という表現が、あとから和訳としてできたんです。

これは、米ドル紙幣の顔でもある、ベンジャミン・フランクリン、の言葉です。

ここで、英語のワンポイント・アドバイス:

ちょっとよく考えてみると、”time“(=時間)は、”money“(=お金)ではないですよね。少なくともイコールではないです。

同じ時間を使っていれば他のことができたのに、あえて特定のことをするために、その時間を費やしたから、他では変えられないし、もうその時間は取り戻せない

だから、”time“は”money“と同じくらい大切なんだよ

という意味で、”time is money“なわけです。

この、説明しないとイコールでない2つを”is”で結ぶという英語表現は、

metaphor = メタファー = 隠喩

と呼ばれていて、何かを強調したいときにつかわれる表現です。

この重みがある強調表現を和訳するのに、「時間はお金」と言ってしまうと、意味合いが曖昧になってしまう。

だから、「時は金なり」というちょっと、古めかしい単語が使われているわけです。

この文章一つにも、翻訳の難しさが表れているの、分かりますか?

今日は、翻訳を侮ってはいけない、というお話でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中