「ピンチをチャンスに!」を英訳してみよう!

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

今日は、日本人にありがちなミスをご紹介しましょう。

よく、

日本語のフレーズを英語で表現したい

と言って、訳したい日本語フレーズをもってくる方がおられます。

本日の「ピンチをチャンスに!」のようなフレーズです。

なぜか、こういった、クリエイターがお金をかけて作成したようなフレーズは、和製英語が多いんですよね・・

恐らく、日本人の耳に馴染みの多いカタカナを多用しているものは、和製英語が多いから、なんだと思います。

「ピンチ」は和製英語です。

Take a pinch as a chance

と誰かが訳していて、思わず飲んでいたジュースを吹いた経験がありますw

本人は大真面目なんだから、笑ってはいけないですね・・

英語の”pinch“は「つまむ」の意味です。

There was a blacked handkerchief on the table. I knew that it was Hiroshi’s, so I pinched the handkerchief my fingers and put it in his locker.

(=テーブルの上に黒いハンカチがあった。私は、それがヒロシのものと知っていたので、つまんで彼のロッカーに入れた。)

こんな感じです。

さて、話に戻りましょう。

ピンチをチャンスに!」=こういうのを英語にするときに、これまでの英語力が活きてきます。

ピンチって何でしょう?ヤバいこと?崖っぷちな状態?それを英語で表すと?「ヤバい」も「崖っぷち」も英語でなんて言ったらいいかわからないときは、別のコトバにするんです。「難しいとき」→これはどうでしょ?”Difficult times”ですね。

チャンスって何でしょう?ChanceでもOKですし、確実に良いチャンスのときだけを表す単語も、あります。→”Opportunity”(=機会)です。

動詞はなんでしょうか?英語は、”see” “go” “do” “make”さえあえば、ほとんどが事足りると言われます。今回は”see“を使ってみましょう。

Let’s see difficult times as chances! “(=難しいことを、機会と見よう!)

ほら、これで英文完成です。

ちなみに、プロはこんな感じの文章も作ります:

Tough times bring opportunity.(=タフな時は機会を持ってくる)
Difficulties bring fortunes.(=難題は幸運をもたらす)
Adversity has a big chance.(=逆境には大きなチャンスがある)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中