長年経過してから深まる理解の感動レベルはスゴイ!大人になって英語を再開しても遅くないですよ。

こんにちは!長年、海外に住み、日本に帰国後、英語を教える帰国子女の、スグリンガルです。

運転免許を取得して30年近く運転していなかった方が、免許の更新をするタイミングで、近所の教習所に通った話を先日読みました。

その方が、実行したのは下記の3つだったそうです:

(1)毎回、路上教習の内容を事前に調べて、事前に準備できることをする
(2)受講スケジュールを立てる
(3)教官に指摘された改善点を優先順位を決めて、できることからやる

これは、まさに英語の勉強と同じでした!

(1)事前のカンタンな予習
(2)計画
(3)指摘された点の復習

といっても、どの科目も同じですが。

やはり、これら3つが最強なんです。

画像1

(https://trinity.jp/118843/から)

1日後に74%忘れる、自分の脳みそをいかにフル活用するか?

学習は、このテーマに尽きると思います。

好きな子のこと趣味を忘れないのは、ずっと想っているからなんです。

但し、この忘却曲線が唯一下に下がらないケースがあります。

それは、昔ずーーっとやっていたことを、年月を経て行ったとき。

冒頭で述べた、「以前免許を取得して、また教習所に通う」ケースです。

皆さん、英語の勉強なんて、免許取得以上に、時間を費やしているはず。だから、時間が経っても、今からでも遅くないはずなんです。

その場合、ある程度時間が経過してしまっていても、忘却曲線がすぐに上に上がりますし、下に下がる度合も低いんです:

画像2

「英語」というみんながとてつもなく時間を費やした科目だと、これを一番感じやすいはずなんです。

大人になって、英語をやり始めた皆さんは、決して遅くないのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中