「粗利」の概念を理解できると、英文会計が頭にすーっと入ってきます

今日は、「売上総利益」の概念をお話したいと思います。

巷でよく言われる「粗利」というやつです。

なんで「売上総利益」「粗利」って全然違う日本語なの?

とよく聞かれます。

私も、そう思います。

実は、英語は一つだけ:Gross Profit Margin、と言います。
(Profit=利益と分かっているので、Gross Marginと言ったりもしますが)

会計の世界は、ありとあらゆる略語だらけです。

カネの話になると、みんな切羽詰まるんです。

だって、みんなカネは暮らしていくのに必要ですからね。

カネなくては、暮らしてはいけない。

だから、カネに関係することわざが多いのも納得できるでしょ?

例)
安物買いの銭失い:Penny wise and pound foolish.
金の切れ目が縁の切れ目だ:When poverty comes in at the door, love leaps out at the windows.
地獄の沙汰も金次第:Money makes the mare go.
時は金なり: Time is money.

↑この英語表現はなに?を説明すると長くなるので、また次回。

売上総利益」という考えは、簡単に言うと、「仕入れたモノのコストよりどれだけ高い金額で売れたか?」を見ます。

80円で仕入れて、100円で売ったら、20円が売上総利益になるわけです。

モノの最初のコストより高い値段で売るっていうのは、ある意味すごいスキルです。

消費者である私たちは、その100円の品物を買う代わりに、80円で売っていた元の業者から直接買う、そんな仲介業者をスキップする仕組みが最近は非常に多いからです。

だから、メルカリで安いものを買って、高くで売るっていう『転売ビジネス』が一時流行りましたが、結局すぐ下火になったでしょ?それだけ難しいんです、ビジネスは。

最近、Amazonで販売しなくなったナイキの話もニュースになりました:

ナイキ の Amazon 離脱:浮き彫りになる、Amazonとブランドとの緊張関係

直接自分たちで売ることができれば、消費者も販売者もWin-Win。

仲介業者にとっては、たまったものではないですが・・・

この売上総利益が分かると、その企業を取り巻くビジネス環境がよく分かるようになります。

例えば:

画像1

ファミリーマートの売上総利益率は88%。

仕入れるものがほとんどないためです。(仕入れている商品のほとんどは、フランチャイズ店がほとんどやってくれるため、ファミリーマート本社自体の仕入れはほとんどありません。)

画像2

それに対し、清水建設の売上総利益率は13%。

建設資材にお金がかかるためですね。

だから、同じ大企業といえども、売上総利益率は企業によって全然違うんです。

その業界ごとで見たり、年々改善されているか、そういった比較をしないといけない、ということですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中